前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  1-1 Go で Hello World を出力しよう

コマンドラインで Hello World を出力しよう!


今回のパートでは実際に Go のプログラムを書いてコンソール上に文字列を出力してみます。

本パートの目標物


Go プログラムを起動し、コマンドラインに Hello World という文字列を表示します。

$ go run main.go
Hello World!

目標物を作成するまでの流れ


  1. プロジェクトルートディレクトリの作成
  2. main.go の作成と編集
  3. go.mod の作成

では実際に進めていきましょう。

1. プロジェクトルートディレクトリの作成


まずはプロジェクトのルートディレクトリを作成します。今回はユーザーの個人ディレクトリの配下に開発用のディレクトリを作り、その中に go-tech-blog という名称のディレクトリを作成してこの中でアプリケーションを開発していきます。

次のコマンドを実行してディレクトリの作成・移動を行います。

# ディレクトリを作成します
$ mkdir -p ~/dev/go-tech-blog

# 作成したディレクトリに移動します
$ cd ~/dev/go-tech-blog

# カレントディレクトリを確認します
$ pwd
/Users/ユーザ名/dev/go-tech-blog

2. main.go の作成と編集

アプリケーションのディレクトリに移動できたら、まずは main.go というファイルを作成します。ファイルの作成には touch コマンドを使用します。

# go-tech-blog ディレクトリの中に main.go を作成します
$ touch main.go

# tree コマンドでディレクトリ構造を確認します
$ tree
.
└── main.go

0 directories, 1 file

main.go が作成できたら VSCode で編集します。code コマンドを用いてプロジェクトディレクトリを開きます。

$ code ~/dev/go-tech-blog

VSCode の新しいウィンドウが立ち上がり、go-tech-blog ディレクトリが開かれていることを確認したら、ファイルツリーから main.go を選択してタブで開きます。

main.go を編集していきます。次のソースコードを main.go に書き込み、command + S で保存します。

(注) Go の文法に関しては必要な部分のみ解説していきます。基礎文法を身に付けたい方は、第 0 章でも紹介した公式のチュートリアル A Tour of Go (日本語版) で学習することをおすすめします。

3. go.mod の作成


Go では go.mod というファイルでパッケージ管理(外部ライブラリの管理)を行います。

次のコマンドを実行すると、go.mod というファイルが作成されます。VSCode でターミナルを立ち上げるショートカットキーは control + shift + @ です。

$ go mod init $(basename `pwd`)

上手く行くと次のようなログが表示されます。

go: creating new go.mod: module go-tech-blog

VSCode 上で左のファイルツリーを見ると go.mod が作成されています。

動作確認


それでは実際に Go のプログラムを実行してみます。

ターミナルで次のコマンドを実行します。

# カレントディレクトリがプロジェクトルートであることを確認します
$ pwd
/Users/ユーザ名/dev/go-tech-blog

# カレントディレクトリに main.go が存在することを確認します
$ ls
go.mod  main.go

# go プログラムを実行します
$ go run main.go
Hello World!

コマンドライン上に Hello World! が出力できました。


以上で今回のパートは終了です。

このパートではコマンドラインに文字列を表示させてみました。まだまだアプリケーションと呼ぶには遠い状態ではありますが、これからパートを追う度にどんどんアプリケーションらしくなっていきます。頭の中で理解を確実なものしながら、一歩一歩学習を進めていきましょう。

お疲れさまでした。

議論

0 質問

このコースの評価は?