前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  0-2 教材を進める準備をしよう(Mac編)

このパートからは、教材を進める準備をします。

具体的には以下を順に実施していきます。

Dockerを使う準備


本教材では開発環境の構築にDockerと呼ばれる仮想環境を使います。

MacでDockerを使うためには専用のソフトウェアが必要です。

そのインストール方法を説明します。

Laradockによる開発環境構築


本教材のWebアプリケーションを動かすにはWebサーバーとデータベースが必要となります。

Laradockは、WebサーバーやデータベースをDocker上に簡単に構築してくれます。

このLaradockのインストール方法を説明します。

サンプルアプリケーションの環境構築


本教材では、筆者が事前に用意したサンプルアプリケーションをAWSにデプロイします。

そのサンプルアプリケーションをPCにインストールします。

また、そのサンプルアプリケーションを開発環境で動くようにするための各種作業(ビルド)を行います。

自動テスト・自動デプロイの流れの解説


本教材で作成する自動テスト・自動デプロイの流れ(CI/CDパイプライン)を解説します。

議論

0 質問

このコースの評価は?