前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  1-2 GitHubにリポジトリを作成する

CircleCIをGitHubと連携させると、GitHubにコードがプッシュされるたびに、事前に定義した処理が自動で実行されます。

本教材では、今後CircleCIの処理を少しずつ作成しながら繰り返し実行していきますが、そのためにはGitHub上にリポジトリが必要となります。

そこで、本パートでは、あなたのGitHubアカウントに教材用のリポジトリを作成します。

そして、0章で筆者のGitHubリポジトリからコピーしてきたサンプルアプリケーションのソースコードを、あなたのGitHubの教材用リポジトリで管理するようにします。

1. リポジトリの作成


まず、GitHubにログインし、

  • Repositoriesを選択

して、Newボタンを押してください。

次の画面では、

  • Repository nameにlaravel-ciを入力
  • リポジトリの種類にPublicを選択

して、Create repositoryボタンを押してください。

なお、リポジトリの種類はPrivateでも構いませんが、もし筆者に質問する際にあなたのリポジトリの内容を筆者が見ることができた方が回答しやすくなる場合もありますので、可能であればPublicを選択してください。

2. リモートリポジトリの変更


次に表示されたGitHubの画面では、あなたが作成したリポジトリのURLが表示されているかと思います。

このリポジトリを、あなたのPCにあるサンプルアプリケーションのリモートリポジトリとして指定します。

まず、ci-tutorial/laravel-ciディレクトリで以下コマンドを実行してください。

$ git remote -v

すると、以下が表示されます。

origin  https://github.com/shonansurvivors/laravel-sns (fetch)
origin  https://github.com/shonansurvivors/laravel-sns (push)

リモートリポジトリであるoriginのURLが、サンプルアプリケーションのコピー元である筆者のリポジトリとなっています。

このリモートリポジトリoriginを、あなたのGitHub上のリポジトリへと変更します。

以下コマンドを実行してください。

$ git remote set-url origin https://github.com/(あなたのGitHunアカウント名)/laravel-ci.git

コマンドを実行したら、再び以下コマンドを実行してください。

$ git remote -v

以下のように、リモートリポジトリoriginのURLが、あなたのGitHub上のリポジトリとなっていれば問題ありません。

origin  https://github.com/(あなたのGitHubアカウント名)/laravel-ci (fetch)
origin  https://github.com/(あなたのGitHubアカウント名)/laravel-ci (push)


3. サンプルアプリケーションのブランチ名を変更する


ローカルリポジトリでのブランチ名を確認します。

ci-tutorial/laravel-ciディレクトリで以下コマンドを実行してください。

$ git branch

すると、以下が表示されます。

* laravel-ci

筆者のGitHubリポジトリからコピーしてきたのは、laravel-ciブランチであったためです。

あなたのGitHubリポジトリにはmasterブランチとしてプッシュしたいので、このローカルブランチ名をmasterに変更します。

ci-tutorial/laravel-ciディレクトリで以下コマンドを実行してください。

$ git branch -m  master

その後、再び以下のコマンドを実行してください。

$ git branch

以下のようにmasterと表示されれば問題ありません。

* master

4. サンプルアプリケーションをあなたのGitHubリポジトリにpushする


続いて、あなたのPCにあるサンプルアプリケーションのコードを、GitHub上のあなたのリポジトリにプッシュします。

以下コマンドを実行してください。

注:初回のgit pushでは必ず-uを付けてください。そうしないと今後にgit pullを行った時に失敗します。

$ git push -u origin master

なお、もしコマンド実行後に以下のようにUsernamePasswordを聞かれた場合は、GitHubのアカウント名とパスワードをそれぞれ入力してください。

Username for 'https://github.com':
Password for 'https://(あなたのGitHubアカウント名)@github.com':

git pushが失敗する場合について

ユーザー名とパスワードを正しく入力したにも関わらず、もし以下のように表示されたら、GitHubにSSH接続する必要があるかもしれません。

remote: Invalid username or password.
fatal: Authentication failed for 'https://github.com/(あなたのGitHubアカウント名)/laravel-ci.git/'

その場合は、以下のコマンドを実行してください。

$ git remote set-url origin [email protected]:(あなたのGitHubアカウント名)/laravel-ci.git

その後に以下をもう一度実施してみてください。

$ git push -u origin master

5. GitHubのリポジトリを確認する


git push -u origin masterを実行後、以下のような表示がされることを確認してください。

 * [new branch]      master -> master

そして、GitHubの画面を再読み込み(リロード)してください。

以下のようにサンプルアプリケーションの内容が表示されれば問題ありません。

なお、上の画面のようにGitHub Actionsという吹き出しがもし表示されていたら、dismissを押してください。

以上で、本パートは終了です。

議論

0 質問

このコースの評価は?