前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  0-6 設計

設計


本章では、カリキュラムを始める前に、作成するアプリケーションの仕様と大まかな設計を提示します。テスト駆動開発は、テストを書きながら詳細設計を行っていくので、細かい部分は教材を進めながら決めていきます。


画面設計

本教材で作成するアプリケーションは「ヨガ教室の予約サイト」ですが、すべてテストを通して動作確認をするため、作成する画面はありません。しかし、より完成形をイメージしやすいように、画面イメージを事前に共有しておきます。


レッスン一覧画面


レッスン詳細画面

テーブル設計

必要な情報は以下のとおりです。

  • ユーザー
  • レッスン
  • 予約


ER図

reservations.lesson_id が lessons.id に、reservations.user_id が users.id にひもづきます。

ユーザー

レッスン

予約

ルール

  • レッスンの開始日時と終了日時はそれぞれ TIMESTAMP 型で持つが、表示上は日付と開始時刻、終了時刻に分割して表示すること(開始日時と終了日時の日付が異なるケースは想定しなくてよい)
  • 空き状況を示す記号はそれぞれ以下のルールで出し分けること
  • 5枠以上: ◎
  • 5枠未満: △
  • 0: ×

ルールは、カリキュラムの過程で、追加・変更されることがあります。


議論

0 質問

このコースの評価は?