前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  1-1 LaravelでWebアプリケーションを作成する

Laravelの開発環境が構築できている前提で、実際にLaravelを使ってWebアプリケーションを作成します。

まだLaravelの環境構築が終わっていない方は0章に環境構築方法を記載していますので、そちらを参考に環境構築を行ってください。

この章で学べること


- MySQLの設定
- Laravelデータベースの設定
- タイムゾーンと日本語設定


起動画面


MySQL設定


新規Laravelアプリケーションの作成


0章0-2で解説した通り、XAMPPもしくはMAMPをインストール後、

PHPのライブラリやパッケージを管理するComposerをインストールしていれば、

Laravelのアプリケーションを作成できます。

XAMPPの場合

$ cd C:¥xampp¥htdocs

MAMPの場合

$ cd /Application/MAMP/htdocs

htdocsフォルダに移動後、下記のコマンドを入力してください。

$ composer create-project --prefer-dist laravel/laravel techpit-match "5.5.*"

techpit-matchフォルダが作成され、その中にたくさんのファイルが作成されていればOKです。

コマンドプロンプトで、cdコマンドを入力してフォルダを移動します。

$ cd techpit-match 

簡易サーバーを起動させます。

コマンドプロンプトで、

$ php artisan serve

と入力し、

$ php artisan serve
Laravel development server started: <http://127.0.0.1:8000>
[Tue Apr 23 20:24:32 2019] 127.0.0.1:51707 [200]: /favicon.ico

と表示されたら、Google Chromeなどのブラウザでhttp://127.0.0.1:8000と入力します。

こんな画面が表示されればOKです。

コマンドプロンプトでCtrl+C を押すと簡易サーバーが停止します。

データベース(MySQL)の設定


ブログ作成ツールとして有名なWordpressや、 インターネット上で商品の販売ができるECサイト作成ツールとして有名なEC-Cubeなどのツールなど、 PHPで扱うデータベースはMySQLを選択される事が多いです。

Laravelでは以下のデータベースを扱う事ができます。

  • MySQL
  • PostgreSQL
  • SQLite
  • SQL Server

この講座では、

  • エックスサーバー
  • ロリポップ
  • さくらインターネット

などのレンタルサーバーでも標準でインストールされているMySQLを設定します。

データベース(MySQL)の作成

まずはデータベースを作成します。

0章0-2を参考に、PhpMyAdminを開いてください。

もし日本語になっていない場合は、

画面左上の家のアイコンをクリックし、言語(Language)を日本語にしておいてください。

画面左側のnewをクリックすると、新規データーベースを作成できます。

newをクリックし、データベース名(今回はtechpitとします。)を入力します。

文字コードは一般的な utf8_general_ci を選択します。

Createボタンを押します。

画面左側にtechpitと表示されていればデータベースが作成されています。

データベース ユーザーの作成

次にデータベースにアクセスできるユーザーを作成します。

画面左のデータベースの中から、techpitをクリックします。

画面上のメニューの中から、特権をクリックします。

techpitデータベースにアクセスできるユーザー一覧が表示されます。

ユーザー一覧の下に、Add user Account があるのでクリックします。

任意のユーザー名、パスワードを入力します。

今回は以下の設定にしておきます。

  • ユーザー名 techpit_user
  • パスワード password123

グローバル特権で Check all をクリックして全ての権限を選択します。

画面右下の実行をクリックするとユーザーが作成されます。

改めて 画面左 techpit -> 画面上の特権をクリックし、作成したユーザーが表示されていればOKです。

MySQL側の設定はこれで完了です。

以上でこのパートは終了です。お疲れ様でした!

議論

0 質問

このコースの評価は?