前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  3-2 会員登録機能の確認

このパートでは会員登録が正常に動作し、データベースに登録したデータが存在することを確認します。

本パートの目標物


Laravel6にデフォルトで搭載されているユーザー管理機能と前パートで導入したlaravel/uiを使って会員登録機能を実際に実行します。

  • 会員登録機能の正常動作
  • MySQLデータベースにデータが存在することを確認

mysql> select * from users;                                                                                                                                                  
+----+-------------+-----------------------+-------------------+--------------------------------------------------------------+----------------+---------------------+---------------------+
| id | name        | email                 | email_verified_at | password                                                     | remember_token | created_at          | updated_at          |
+----+-------------+-----------------------+-------------------+--------------------------------------------------------------+----------------+---------------------+---------------------+
|  1 | Yuma Uchida | [email protected]  | NULL              | $2y$10$VpwQvZbZe5SyUKosZJkbteQSQyz/hYzFwQ8/a4hDICVyYQTuhiItO | NULL           | 2019-11-10 11:43:28 | 2019-11-10 11:43:28 |
+----+-------------+-----------------------+-------------------+--------------------------------------------------------------+----------------+---------------------+---------------------+

目標物を作成するまでの流れ


  1. 会員登録の実行
  2. MySQLデータベースのデータ確認

では、さっそくこれらの確認を進めていきましょう。

1. 会員登録の実行


では実際に導入したビューファイルから新規会員登録を行います。

トップページ右上の「REGISTER」をクリックします。

 

会員登録ページの項目に情報を入力し、登録ボタンを押すとHOMEに遷移し、右上に登録名が表示されていれば無事ユーザー管理機能を利用できています。

2. MySQLデータベースのデータ確認


ではMySQLへログインしてみましょう。

$ mysql -u root -p

とコマンド入力していきます。

その後、ターミナルからパスワードを聞かれるので、パスワードを入力します。

mysql>

入力後ターミナルが >mysql となっていればmysqlにログインできているので、続いて以下のコマンドを入力し、booksデータベースに切り替えていきましょう。

mysql> use books;

以下のようにターミナルに表示されればデータベースの切り替えができています。

mysql> use books;
Reading table information for completion of table and column names
You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

Database changed

では、usersテーブルの中身を確認したいので、以下のコマンドを入力してusersテーブルの中身を表示しましょう。

mysql> select * from users;  

正しく入力できていれば以下のように、登録したデータが表示されます。ご自身が入力したデータと一致していればデータベースの確認は完了です。

mysql> select * from users;                                                                                                                                                  
+----+-------------+-----------------------+-------------------+--------------------------------------------------------------+----------------+---------------------+---------------------+
| id | name        | email                 | email_verified_at | password                                                     | remember_token | created_at          | updated_at          |
+----+-------------+-----------------------+-------------------+--------------------------------------------------------------+----------------+---------------------+---------------------+
|  1 | Yuma Uchida | [email protected]  | NULL              | $2y$10$VpwQvZbZe5SyUKosZJkbteQSQyz/hYzFwQ8/a4hDICVyYQTuhiItO | NULL           | 2019-11-10 11:43:28 | 2019-11-10 11:43:28 |
+----+-------------+-----------------------+-------------------+--------------------------------------------------------------+----------------+---------------------+---------------------+

最後に

会員登録やログインのルーティング・コントローラーなどの機能やコードが自動的に生成されているので、 今回触れることはありませんでしたが、次章からオリジナルのコードを書いていきます。

お疲れ様でした。

議論

0 質問

このコースの評価は?