前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  1-1 新規Railsアプリケーションを作成しよう!

このパートからRailsでWebアプリケーションを作成していきます。Ruby on Railsの開発環境は構築出来ている前提で進めていきます。まだ環境構築が終わっていない方は0章に環境構築のパートがあるのでそちらを参考にしてください。


目標物を作成するまでの流れ


  1. 新規Railsアプリケーションの作成
  2. Gemのインストール

では実際に進めてみましょう。

1. 新規Railsアプリケーションの作成


Railsでwebアプリケーションを新規作成するには、「rails new」コマンドを実行します。下記に実行例を示します。

【例】

$ rails new アプリケーション名

(上記はあくまで実行例です。実際にコマンドを実行しないでください。)

今回は「line-bot」というアプリケーション名で作成したいので下記のコマンドを実行してください。

$ rails new line-bot --database=postgresql

上記のコマンドで「line-bot」というディレクトリ(フォルダ)が作成されました。今回使うデータベースはpostgresqlなので--database=postgresqlとデータベースの指定をします。

もし、postgresqlをインストールされたことがない方は以下のコマンドでpostgresqlをインストールしてください。postgresqlがインストールされているかどうかはbrew listというコマンドを実行すれば確認できます。

$ brew install postgresql

次に「cd」コマンドを使って移動したいディレクトリに移動します。

【例】

$ cd 移動したいディレクトリ名

「cd」コマンドはchange directory(ディレクトリを移動する)の略です。今回はline-botというディレクトリに移動したいので下記のコマンドを実行します。

$ cd line-bot

2. Gemのインストール


新規アプリケーションを作成したら、次にGemをインストールします。

GemとはRuby用のライブラリを使うときに必要となるパッケージ管理ツールになります。

Railsでは Gemを使うことでRubyのライブラリ(機能のまとまり)をインストールして、0から機能を作らずに、簡単にアプリケーション開発を行う事ができます。Gemの1つとして例えば、会員登録機能を作れる「devise」というものがあります。

参考)Ruby on Rails 初心者必見!パッケージ管理ツール『gem』を徹底解説

Gemfileに以下のコードを追加してください。

line-bot
└── Gemfile

dotenv-railsというgemは環境変数を扱うために使用するgemです。この教材では LINEのアクセストークンなど、厳重に管理する必要があるのでインストールします。

下記ののコマンドを実行してください。

$ bundle install

「bundle install」を実行すると、 Gemfileの内容に従いGemのインストールが行われます。(Gemfileはrails newコマンドでアプリケーションを作成したときに作成されます。)

以上で今回のパートは終了です。

お疲れさまでした!

議論

10 質問

このコースの評価は?