前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  1-2 ツイッターアプリを作成しよう

ツイッターアプリを作成しよう


ツイッター開発者アカウントが無事に登録できたらツイッターアプリの作成をしましょう。

ツイッターの情報にプログラムからアクセスしたい場合、ツイッターAPIを通して行う必要があり、APIにアクセスするために必要なのがツイッターアプリです。

ツイッターAPIについての公式情報が知りたい方は以下のページを参照してください。

TwitterのAPIについて


ツイッターアプリの作成手順


以下の手順でアプリを作成します。

アプリ登録画面を開く


TwitterのAPIについて

アプリの詳細を入力する


(required)となっている項目を入力していきます。

これらの情報は全てアプリ作成後でもいつでも編集できますので、間違えた情報を登録してしまっても大丈夫です。

App name

アプリの名前です。適当な名前で問題ありません。

Application description

アプリを使うユーザーに表示されるアプリの説明です。日本語でも構いません。

Website URL

このアプリを使用するサイトのURLです。今回は学習目的なので、実在せず、ローカルで仮想的に使うURLでも構いません。

例:http://tipworld.com/

Enable Sign in with Twitter

ツイッター認証を使うのでチェックを入れます。

Callback URLs

ツイッター認証後に戻ってくるURLです。先の"Website URL"に、コールバックされた時に対応するプログラムを指定します。

OSがMacの場合はhttp://127.0.0.1:3000/tw_callbackとしてください。

http://127.0.0.1:3000/tw_callback

Windows10でPHPサーバーをインストールし仮想ドメインを設定する方法を参考にローカルサーバーを立ち上げる場合、http://tipworld.com/tw_callbackとしてください。

http://tipworld.com/tw_callback

このURLは第3章で紹介する、twitter.phpコンフィグ内のoauth_callbackで指定するものと一致しないとなりません。

もし一致しない場合は以降の章でツイッター認証しようとした時に、以下のようなエラーが出ますので、その際はここの値とtwitter.php内のoauth_callbackの値が一致していることを確認してください。

Notice: Undefined index: oauth_token_secret...

Tell us how this app will be used

このアプリの使用目的をツイッター社に説明するための欄です。これはアプリのユーザーには表示されません。

例文は以下の画像を参照してください。

全て入力し終わったら一番下の"Create"ボタンを押します。


利用規約に同意する


利用規約が表示されるので、"Create"を押します。

以上でアプリの作成は完了です。

議論

0 質問

このコースの評価は?