前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  2-3 りん姫で投げ銭をしてみよう

りん姫で投げ銭をしてみよう


この項目まで進まれたあなたのりん姫の口座には既にいくらかのBitZenyが入っているはずです。

それではその残高を使って実際に投げ銭をしてみましょう。

投げ銭をする方法


投げ銭をするには"tip"コマンドを使います。

DMで投げ銭をする


今回は他のユーザーには見えないようにしたいので、DMでやってみましょう。

以下のコマンドをりん姫のDMで送ってみてください。

tip @twitterアカウント 送金額 コメント

「@twitterアカウント」の部分は送り先のユーザーアカウントです。

「送金額」は0.01のような小数点付きでも送れます。

「コメント」の箇所に何かメッセージを入れることができます。これはオプションなので、何も入力しなくても構いません。

ツイッターの文字数制限がありますので、あまり長いメッセージは送れません。

投げ銭の送り先は予め用意しておいたもう1つのアカウントを使ってください。

上のようにりん姫からの返信があれば送金完了です。

送ったお金がきちんと届いているか、送金先のアカウントでbalanceコマンドを使って残高を調べてみてください。

ツイートで投げ銭をする


ツイートで他のユーザーにも見えるようにする場合は以下のようにメンション(@zenytips)付きでツイートします。

@zenytips tip @twitterアカウント 送金額 コメント


投げ銭アプリを開発していく上でのヒント


りん姫は現在のところ、無料で利用できます。

つまり、何回投げ銭をしても手数料などを取られることはありません。

投げ銭アプリを開発していく過程でテストで何度も投げ銭を行うことになると思います。もし残高がなくなった場合は送り先のアカウントからtipコマンドを使って元のアカウントに全額を戻せば繰り返しテストを行うことができます。

以上で投げ銭ボットの使用方法の説明は終了です。

議論

0 質問

このコースの評価は?