前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  1-2 python(anacnoda)のインストール

まずは最重要なpythonをインストールしましょう。

anacondaのインストール


まずはpythonのインストールから始めます。各種ライブラリをまとめて一つのパッケージとしてインストールできるanaconda経由で行います。もし、すでにご自身の環境にpythonがすでにインストールされている場合はそのままでも結構ですが、後述するpipによるライブラリのインストールはできるようにしておいてください。

下記URLにアクセスし、ご自身のPC環境に合わせたパッケージをダウンロードしてください。

ダウンロード後はインストーラーの指示に従って進めてください。 なお、インストール方法に関しては以下のような外部記事も豊富にあるので、適宜参考になさってさい。

windowsの場合、インストールの最後にPATHを通すか聞かれますが、環境変数を汚したくないなどの理由がなければ、Yesを選択しておきましょう。

以下のコマンドを実行してみて、pythonのインストールか確認しましょう。

$ python --version

以下のようにpythonのバージョン情報が表示されればOKです。 (細かいバージョン情報はインストールした状況により異なります。)

Python 3.7.3

pythonライブラリのインストール


本教材で必要となる(およびそれらが依存する) pythonライブラリをインストールします。

ライブラリのインストールには、pythonのパッケージ管理ツールであるpipを利用します。 anacondaインストール時にpipももれなくインストールされているため、追加のインストールは必要ありません。 以下のコマンドをターミナルから叩いてみれば、pipのバージョンが表示されるので、pipがすでにインストール済みであることが分かります。

$ pip --version

pipを使ってライブラリをインストールする際には、ターミナルなどから、pip install <ライブラリ名>と叩くだけでOKです。 では、ターミナル(コマンドプロンプト)上で以下を実行してください。

$ pip install flask
$ pip install line-bot-sdk 
$ pip install azure-cognitiveservices-vision-face
$ pip install msrestazure

それぞれのライブラリの役割は以下の通りです。

  • flask: webアプリケーションのフレームワーク
  • line-bot-sdk: LINE BOTのpython用SDK
  • azure-cognitiveservices-vision-face: Face APIのpython用SDK
  • msrestazure:Azureの認証に用いる

最終的にこれらのライブラリが正しくインストールされたかどうかを確認しましょう。 以下のコマンドを実行してください。

$ pip list

インストールされているすべてのライブラリが表示されるはずです。 その中に上記ライブラリ4つが含まれていれば、pipによるライブラリのインストールは成功しています。

まとめ


pythonおよび必要なライブラリのインストールを行いました。

議論

0 質問

このコースの評価は?