前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  0-1 今回作成するアプリケーションを知る

社会の窓通知代理サービスを作成しよう!


本講座はprogateやドットインストールでRailsの基本的な文法の学習を終えた方が、次のステップとして「social-window-email」というサービスを開発しながらRailsの学習を行うためのものです。このサービスは、社会の窓が空いている人に対して匿名でメールを送信することができるようなものとなっています。social-windowは社会の窓を直訳したものです。

細かい解説を省いている箇所もございますが、分からない箇所や気になった箇所はGoogleで調べてみましょう。枝葉の知識がレベルアップに繋がります。

本講座は鼻毛通知代理サービス「チョロリ」を参考にしております。鼻毛通知代理サービス「チョロリ」を使ったことがない方は、まずはどんなサービスかを見てみましょう。

参考)鼻毛通知代理サービス「チョロリ」

http://hanage.info/

教材を進めて行く上で分からない点や気になる点がございましたら、「質問」の箇所からご質問ください!

作成するアプリケーションのイメージをつかもう


この教材ではRailsで社会の窓通知代理サービスを作成します。実際にどういったアプリを作成するかイメージをつかむために下記のリンクにアクセスして利用してみてください。

https://social-window-email.herokuapp.com/

学習内容


1章 Railsでwebアプリケーションを作成

新規Railsアプリケーションの作成を行い、開発の準備を行います。

2章 入力フォーム・確認画面を作成

Bootstrapを使ってスタイルを整えながら入力フォーム、確認画面を作成していきます。

3章 メーラーの作成

railsの標準機能としてあるAction Mailerを使ってメーラーを作成していきます。

4章 Herokuに公開しよう

Herokuを使ってWeb上にsocial-window-emailを公開します。

議論
0 質問
このコースの評価は?