前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  0-1 Trello風ToDoタスク管理アプリを作成しよう!

本教材はRubyプログラミング言語の上で動作するWebアプリケーションフレームワークであるRuby on Railsを使ってTrello風タスク管理アプリを作成します。

0からTrelloの基本的な機能をステップごとに作成していきます。HTML・CSS・Javascript・Rubyを使用して開発しますが、主にRuby on Railsの大まかな流れを把握してもらうことを一番の目的としております。本教材を通してWebアプリケーションを最後まで作りきることで、まずはサービスを作る楽しさを感じていただければ幸いです。

本教材はタスク管理アプリのTrelloを参考にしております。Trelloはカードと呼ばれる付箋みたいなものを動かしながらタスクを視覚的に管理できるサービスです。

Trelloを使ったことがない方は、まずはTrelloとはどんなサービスかを見てみましょう。

参考)Trello

教材を進めて行く上で質問項目がございましたら、「質問」の箇所からご質問ください。 (Mac OSやCloud9以外での開発環境における質問対応はできかねますのでご了承ください。)

学習内容


  • Ruby on Railsを使った実践的な開発スキルを学びます。
  • Deviseを使ったサインアップ・サインイン機能の開発を行います。
  • リストやカードを作成する機能の開発を行います。
  • カードを移動する実装を行います。
  • Cloud9を使った開発環境の構築ができるようになります。
  • Herokuを使ってWebアプリケーションを公開する方法を学びます。

受講における必要条件


  • HTML/CSSの基礎知識
  • Rubyの基礎知識

RubyやRuby on Railsを一度も触ったことがない方は、まずはProgate等で学習することをおすすめします。

この教材の対象者


  • progateなどのRailsの教材を見ながら簡単なサンプルアプリケーションを作ったことがある方
  • Rubyは学んだことがあるけど、Railsはあまり触ったことがない方
  • Webアプリケーションサービスを1から作ってみたい方

学ばないこと


本教材はRailsの大まかな流れを把握することを一番の目的としており、HTML・CSSの解説は詳しくしていません。細かく知りたい方はご自身で調べていただければ幸いです。

作成するアプリケーションのイメージをつかもう


この教材ではRailsでTrello風タスク管理アプリを作成します。実際にどういったアプリを作成するかイメージをつかむために下記のリンクにアクセスして利用してみてください。

https://techpit-kanban.herokuapp.com/

目次


0章 はじめに

本教材を進める上での環境を整えたり、設計を解説していきます。

1章 Railsでwebアプリケーションを作成

新規Railsアプリケーションの作成を行い、開発の準備を行います。

2章 サインアップ・サインイン機能

DeviseというGemを使ってサインアップ・サインイン機能を実装します。

3章 リスト機能の開発

リストを作成・編集・削除する機能を実装していきます。

4章 カード機能の開発

カードを作成・詳細・編集・削除する機能を実装していきます。

5章 Herokuを使った本番環境へデプロイ

ローカルで開発したWebアプリケーションをHerokuを使って公開します。

議論
0 質問
このコースの評価は?