Wm3i07ifsbsxokxfrsor

AWS CloudFormation を使って VPC環境を構築してみよう!

【中級レベル/13時間】AWS CloudFormation を使ったVPC環境の構築。AWS CloudFormation の使い方を学びながら、ベストプラクティスに沿ったVPCの設計/構築についても学ぶ。また教材内では、セキュリティや高可用性といった点にも配慮した構成への拡張も行っていきます。

【AWS VPC入門】操作方法から活用方法まで実務で役立つ知識を学ぶ

AWSにおいて、VPCは一度作成すると構成変更を行うのが難しい部分です。 そのため、どのような構成にするかが、稼働するシステムのパフォーマンスに大きく影響します。

また、AWSを利用している方々からVPCの設計について苦労していると聞き、少しでもその声に応えることができればと思い本教材を作成させていただきました。

本教材で作成する構成は、セキュリティと高可用性を考慮した汎用性の高い内容となっております。AWS CloudFormationを使ったインフラのコード化を行っていますので、作成したテンプレートをぜひ実務でも活用していただければと思います!


ベストプラクティスに沿ったVPC環境の設計/構築が行えるようになり、AWS CloudFormation を使ったインフラのコード化についての理解が深まる

本教材では、AWSインフラ基盤となるVPC環境をAWS CloudFormationを使って作成します。 AWSではデフォルトでVPC環境が用意されていますが、今回はVPCについての理解を深めるために新しく構築していきます。

教材内では、まずはじめに、AWS CloudFormation を扱う上での用語や操作について学びます。その次に、AWS CloudFormation での VPC の作成を通して VPC についてと AWS CloudFormation の操作方法について学びます。さらに、セキュリティや耐障害性といった点にも考慮した構成への拡張、作成したVPC環境の活用の仕方についても解説しております。

教材を進めて行く上で質問項目がございましたら、「質問」の箇所からご質問いただければと思います。




学習内容

  • AWS CloudFormation について実践的なスキルを学びます。
  • AWSのネットワークについて学びます。
  • ベストプラクティスに沿ったVPC環境の設計/構築を学びます。
  • インフラのコード化について学びます。


作成するVPC環境についてイメージをつかもう

本教材で作成するのは、パブリックサブネット×1、プライベートサブネット×2のセットを3つのアベイラビリティゾーン(AZ)に展開した構成となります。 また、各AZのプライベートサブネット2つのうち1つはNATゲートウェイへのルーティングの設定を入れています。

上記の構成については本教材を進めていく中で解説していきますので、ここではイメージだけ掴んでいただければと思います。


本教材の対象者

  • VPCについて学びたい方
  • インフラをコード管理したい方
  • AWS CloudFormation について学びたい方


受講における必要条件

  • AWSの基礎知識 (EC2 などのサービスを使ったことがある)


学習における注意点

AWSは従量制料金モデルとなります。そのため、本教材でも課金対象となるリソースを含んでいることをご了承ください


学ばないこと

本教材では VPC環境の理解と AWS CloudFormation でのコード化の仕方について学ぶことを目的としています。

そのため、VPCやAWS CloudFormation の機能や設定について網羅した解説は行なっておりませんのでご了承ください。


本教材の対応バージョン

特になし


本教材で質問対応可能なOSや環境

  • Mac OS
  • Windows OS

この教材の執筆者


こーへい
こーへい

インフラエンジニアとして10年以上過ごし、その間に物理→仮想→クラウドと扱う基盤も変化をして行きました。 基盤の構築からミドルの設定、障害対応までやる「何でも屋」の経験を少しでもここで活かせたらと思います。


本教材のカリキュラム


  0章:AWS CloudFormation を使って VPC環境を構築してみよう!
利用可能
日 購入してから
  1章:AWS CloudFormationを知ろう
利用可能
日 購入してから

今すぐはじめる!