Uk7p5rnptmamjkaoayxo

Pythonでクラウドファンディングのデータ分析をしてみよう

【初級レベル】Pythonデータ分析の一連の流れ(データの取り込み、データクレンジング、集計、グラフ化、考察)を習得する。

学習内容

本教材では、次のようなステップで学んでいきます。

  • ブラウザ上でPythonを実行する環境であるGoogle Colaboratoryの使い方を学びます。
  • データ分析の前段階であるデータの取り込み、データクレンジングを学びます。
  • データがどのようなものであるかを知るための、集計方法、整形方法、グラフ化方法を学びます。
  • データから何が言えるかを考えていく考察ステップを学びます。


受講するための必要なスキル

  • Pythonの基礎知識

Pythonを一度も触ったことがない方は、 まずは書籍等で基礎の学習からはじめることをオススメします。


この教材を学ぶことで身につくスキル

  • 実際のデータを使って数値を可視化するスキルが身に付きます


こんな方におすすめ

  • Excelでグラフ化やデータ分析のようなことをしたことはあるが、さらにPythonでデータ分析してみたい方
  • Pythonはどんなものか知っていて、これからデータ分析に活用してみたいという方
  • 分析に興味はあるが、なにから始めたらよいかわからない方
  • 機械学習やディープラーニングを勉強する前に、まずはPythonでビックデータの取り扱いに慣れたい方


この教材で学ばないこと

本教材はデータ分析のおおまかな流れ(データ取り込みから可視化まで)を把握することを一番の目的としています。 そのため統計学の基礎知識に関してはあまり触れていません。 また機械学習手法であるランダムフォレストやSVR、ディープラーニングなどは対象範囲外となります。 詳しく知りたい方はご自身で調べましょう。


本教材で質問対応可能なOSや環境

  • Mac OS
  • Windows OS


本教材の対応バージョン

・Python3系

Python2には対応していませんので、学習を進めるならPython3のバージョンで進めることをおすすめします。


この教材を執筆した想い

現在、データがどんどん手に入る時代となってきています。 例えばECサイトやゲームアプリの顧客データの分析は、サービス改善の有効な施策につながります。 また開発現場だけでなく、あらゆるビジネスでデータが活用されはじめています。 そういった時代の流れに適応していきたい!という想いを込めて教材を作成しました。

この教材の執筆者


かきうちくん
かきうちくん

業界・業種は多岐にわたりますが、あらゆる分野でデータ活用を行いながら、業務を進めてきました。同時に、自社のエンジニア初心者の育成や、副業でのプログラミングスクールでの教材作成に携わってきました。Twitterアカウント:@kakistuter



本教材のカリキュラム


  1章:分析の元となるデータを取り込んでみよう
利用可能
日 購入してから

今すぐはじめる!