Techpit:テックピット
 
0urz1lujs1tlrf4o0ota

TensorFlow・Keras・Python・Flaskで作る機械学習アプリ開発入門

【中級レベル/4時間】Python 3 でクローリングして画像データを収集、加工し、画像分類AIを作ってみよう!

   完成イメージ動画を見る

本教材について

コース内では、

  1. Pythonでオンラインでクローリングを行い、画像データを収集する
  2. 収集したデータを同じサイズに加工して深層学習の前処理(準備)をする
  3. 前処理をしたデータを用いて、ディープラーニングを実行し、モデルを作成する
  4. モデルを使って、テストデータにより性能評価を行う
  5. より精度を向上させるためのデータの改善を行う
  6. 画像ファイルを与えて推定を行うプログラム(コマンドラインアプリ・ウェブアプリ)を作成する

というチャレンジをしていきます。

また、このために必要なAnaconda, Python 3, TensorFlow, Keras, 画像処理ライブラリ, スクレイピング・クローリングライブラリなどの導入や設定についても詳細に解説します。

あなたが集めたデータを整理してプログラムを実行するとオリジナルの画像分類AIを作れるようになります。

この講座を受講したら、あなたはどんなAI分類器を作りますか?

このような方におすすめ

  • AIや機械学習を実践してみたい方
  • オリジナルデータで画像分類器を開発したい方
  • TensorFlowとKerasでディープラーニングを実装してみたい方
  • 画像判定AIをFlaskでウェブアプリ化したい方

受講における必須条件

  • 初歩的なPC操作(ファイルの作成やフォルダの作成ができること)
  • 英語のサイトを見てもパニックしないこと
  • エラーが出ても事例を検索したり質問して、問題解決を図れること


本教材はテキストで構成されており、自分のペースで学習を進めることができます。

この教材の講師


井上 博樹 (Hiroki Inoue)
井上 博樹 (Hiroki Inoue)

東京大学工学部卒。富士総合研究所・解析技術第1部・国際大学グローバルコミュニケーションセンター(GLOCOM)を経て、ワシントンD.C.の教育系スタートアップ(Blackboard)に参加、教育プラットフォーム開発や多言語化、アジア展開などを担当。NASDAQ IPOを経験した後、起業。

Udemyでのべ約80,000名にAI・ディープラーニング・プログラミング講座を29コース提供中。対面でもプログラミングワークショップ(Hour of Code, スマホアプリ開発、Raspberry Pi による電子工作)を担当。

現在は、研究開発へのAI導入支援を提供し、ディープラーニングによる電力消費量予測、医療分野におけるディープラーニングによる画像分析などの研究開発をサポートしている。

また、Udemyでの教育経験を活かし、教育機関や企業などの教育研究支援、オンライン教育プラットフォーム(LMS/Moodle/Canvas/Blackboard)導入、反転授業・ブレンデッドラーニング・パーソナライズドラーニング(個別学習)の導入支援、映像授業制作、教育アプリ開発なども提供している。

著書に「Moodle入門(2007年)」「Moodle2ガイドブック(2013年)」「反転授業マニュアル(2014年)」「動画xスマホで稼ぐ(2014)」「エンジニアのためのオンライン講座制作ガイド(2016年12月刊)」などがある。

Udemyを通じて、多くの方がAIアプリ開発・モバイル・ウェブ開発などをマスターし、イノベーションにチャレンジする応援をしたいと日々コース制作をしています。


今すぐはじめる!