前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  0-2 Djangoの環境構築

Webアプリケーションを開発するための環境を構築します。

今回、環境構築するのは、Djangoです。

もし既にお手元のPCにDjangoの環境があれば、このパートは読み飛ばしても大丈夫です。

注意)今回のパートで環境構築する対応のPCはMacになります。

上記で構築が出来なかった場合、もしくはWindowsを使用されている方はCloud9を使ってください。

AWS Cloud9

Homebrewをインストール


Homebrewとは、ソフトウェアの導入を単純化するMac OSのパッケージ管理システムです。

下記のURLからHomebrewをインストールしてください。

Homebrew

pyenvのインストール


pyenvをインストールします。pyenvをインストールすることでPythonのバージョンの切り替えが容易にできるようになります。それでは下記のコマンドを実行してください。(コマンドを実行する際に$は含めないでください。行の頭に「$」を表示するスタイルを使って、その例がコマンドラインであることを示しています。)

$ brew install pyenv


pyenvにPATHを通す


pyenvのパスを通すために bash_profile を編集し、適用します。 参考)PATHを通すとは?(Mac OS X)

下記のコマンドを1つずつ実行してください。

$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile

$ source ~/.bash_profile

pyenvがインストールされているか確認します。以下のコマンドを実行することで、バージョンの情報が表示されていればインストールされています。

$ pyenv --version
pyenv 1.2.11


Pipenvのインストール


Pipenvとは、Pythonのパッケージ管理と仮想環境の構築・切替を自動で行うツールのことです。Pipenvが登場してから、Pythonの開発環境が劇的に快適になりました。この教材でもぜひ導入して活用しましょう。 下記のコマンドでPipenvをインストールします。

$ brew install pipenv

下記のコマンドでバージョンを確認できます。

$ pipenv --version
pipenv, version 2018.11.26


特定のバージョンのPythonのインストール


Pipenvには、指定したPythonのバージョンで仮想環境を作成する機能があります。(ただしpyenvがインストールされている必要があります) この機能を使って開発を進めていきましょう。

cd コマンドで任意のディレクトリに移動してから、以下のコマンドを実行してください。 Python3.7.3を指定し、インストールされていなければインストールも行います。(インターネット環境によっては時間がかかるかもしれません)

$ pipenv --python 3.7.3

正しくインストールされたかどうかは、下記コマンドで確認できます。

$ pipenv run python -V
Python 3.7.3

環境によっては、

zipimport.ZipImportError: can't decompress data; zlib not available
make: *** [install] Error 1

のようなエラーが出て、正しくインストールされないことがあります。 このエラーはmacOS Mojave10.14において、XcodeのCommand Line ToolsにmacOS Mojave 10.14用のmacOS SDKヘッダがインストールされていないことが原因で発生しています。 下記コマンドを実行することで解決するはずです。

$ sudo installer -pkg /Library/Developer/CommandLineTools/Packages/macOS_SDK_headers_for_macOS_10.14.pkg -target /

Djangoのインストール


いよいよDjangoのインストールを行います。

$ pipenv install django

正しくインストールされたかどうかは、下記コマンドで確認できます。

$ pipenv run python -m django --version
2.2

これでDjangoのインストールは完了です。

お疲れ様でした。

議論
0 質問
このコースの評価は?