前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  3-2 Webhookの再設定

先程は404エラーになっていましたが、URLを公開済みのため再度入力して保存するとWebhookの設定が完了しています。自分のurlの最後に/callbackと付け加えてください。 

完了したら、作成したFacebookページ(ここではTechpit-bot)をフォローしましょう。 フォローすると、アプリがFacebookページへのWebhookイベントを受信できるようになります。 

イベントを受信できていることを確認


イベントを受信できていることを確認するために、ターミナルで以下コマンドを打ち込み、herokuのログ(アクセス状況など)を出力します。

$ heroku logs -t

FacebookMessengerを起動し作成したアプリ名で検索すると見つかるので適当にメッセージを送ってみてください。コールバックURLにPOSTリクエストが送られていて、イベントを受信できていることを確認できます。(現時点ではPOSTのエンドポイントをアプリ側に実装していないので404が返却されます)

GETリクエストとは情報を取得すること、POSTリクエストとは情報を送ることです。

メッセージを送信しましょう。 

議論
0 質問
このコースの評価は?