前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  0-2 Laravelの環境構築

Webアプリケーションを開発するための環境を構築します。

もしすでにお手元のPCにLaravelの環境があれば、このパートは読み飛ばしても大丈夫です。

Laravelは様々な環境構築の方法があります。

  • Laravel Valet・・Mac向けの簡易環境構築ツール
  • Laravel Homestead・・Vagrant環境でLaravel環境を構築できるツール
  • Laradock・・Docker環境でLaravel環境を構築できるDockerイメージ
  • XAMPP・・Webサーバー/MariaDB(Mysql)+PHPを一括インストールするツール(Win版)
  • MAMP・・Webサーバー/MariaDB(Mysql)+PHPを一括インストールするツール(Mac版)

Laravelの特徴はPHPで作成されていることで、

ブログなどで有名なWordpressと同じように、

  • エックスサーバー
  • ロリポップ
  • さくらインターネット

などのレンタルサーバーでも利用できるのが大きな特徴です。

*Laravelをレンタルサーバーで利用するには下記の条件が必要になります。

- Gitが利用できること
- composerが利用できること
- SSHが利用できること
- PHP7.0以上であること (Laravel5.5の場合)

エックスサーバー、ロリポップ、さくらインターネットはインストールできるようですが、
他の環境にインストール予定の場合は、『laravel レンタルサーバー名』などで調べてみてください。

今回は、レンタルサーバーと使用感が似ているXAMPP/MAMPをインストールしていきます。

LaravelとPHPのバージョン情報


Laravelは約半年毎にマイナーアップデートが行われ、 約2年毎に安定版(LTS)がリリースされます。

  • 安定版は2年の修正期間、3年のセキュリティ期間
  • それ以外の一般バージョンは半年の修正期間、1年のセキュリティ期間があります。

2019年4月時点で最新の安定版は5.5なので、この講座では5.5をインストールしていきます。

MAMPのインストール


今回はmac向けソフトである、MAMPをインストールする方法を記載します。

Windowsの場合は下記URLを参考に、XAMPPをインストールしてください。

XAMPPのインストール

MAMPの公式サイトにアクセスします。

https://www.mamp.info/en/

Free Downloadをクリックします。

macアイコンの下「MAMP & MAMP PRO 5.3」をクリックするとダウンロードが開始されます。

ダウンロードしたファイルをクリックします。

続けるをクリックします。

続けるをクリックします。

ライセンス画面です。続けるをクリックします。

ソフトウェア使用許諾で同意するをクリックします。

Machinosh HDをクリックします。

インストールをクリックします。

パスワード入力の画面が表示されたら、パスワードを入力します。

インストールが終わるまでしばらく待ちます。

無事インストールされたら、アプリケーションフォルダ内のMAMPアイコンをクリックして起動します。

MAMPが起動後、Start Servers をクリックすることで、

  • Apacheサーバー・・Webサーバー
  • MySQLサーバー・・データベースサーバー

を同時に起動できます。

しばらくすると、Apacheサーバー、MySQLサーバーともに緑色のランプがついたら起動できています。

真ん中の Open WebStart Page をクリックします。

Welcome to MAMP というwebページが表示されればOKです。

メニュー内 TOOLの中に、PHPINFOとPHPMYADMINというメニューがあります。

PHPINFOをクリックすると、現在インストールされているPHPなどの情報を見ることができます。

PHPMYADMINをクリックすると、phpMyAdminというブラウザ上でデータベースを操作できるページを見ることができます。

MAMP設定の補足

MAMPアプリでは、

  • PHPのバージョン変更
  • ポート番号変更
  • MySQLバージョン確認

などを実施できます。

メニュー内 MAMP から Preferences をクリックします。

Portsをクリックすると、ApacheやMysqlが使用するポート番号が表示されます。

初期設定ではApacheのポート番号が8888、MySQLのポート番号が8889になっていますが、

一般的には、

  • Apacheのポート番号は80
  • MySQLのポート番号は3306

を使うことが多いですので、

特に問題がなければ、画面中央の「Set Web & MySQL ports to 80 & 3306」をクリックします。

  • Apacheのポート番号は80
  • MySQLのポート番号は3306

になっていればOKです。

メニュー内のPHPをクリックすると、PHPのバージョンを選択できます。

2019/4/29現在ではPHP7.3.1が最新なのですが、

後述するcomposerが使えない不具合があるようですので、

PHP 7.2.14 を選択しておきます。

【2019年1月現在】PHP7.3でcomposerが使えなくなるバグの対策

MySQLのバージョンも確認できます。

以上でMAMPのインストールおよび設定が完了です。

composerのインストール


PHPのライブラリやパッケージを管理するcomposerというツールがあります。

Laravelもcomposerを使ってインストールしますので、下記リンクよりダウンロードしインストールしてください。

https://getcomposer.org/

インストール後、コマンドプロンプトでcomposer --versionと入力してください。

$ composer --version
 Composer version 1.4.2

このようにバージョンが表示されればOKです。

laravelのインストール


composerがインストールされている状態で、htdocsディレクトリに移動します。

初期設定でインストールした場合は下記フォルダになるかと思います。

XAMPPの場合

$ cd C:¥xampp¥htdocs

MAMPの場合

$ cd /Application/MAMP/htdocs

htdocsフォルダに移動後、下記のコマンドを入力してください。

$ composer create-project --prefer-dist laravel/laravel techpit-match "5.5.*"

techpit-matchフォルダが作成され、その中にたくさんのファイルが作成されていればOKです。

コマンドの説明

  • composer create-project ・・ composerでプロジェクト作成
  • --prefer-dist ・・リリース版・安定板をダウンロードします
  • laravel/laravel ・・ ベンダー名/パッケージ名 laravelの場合はどちらもlaravel
  • "5.5.*" ・・バージョン指定。指定しないと最新版がダウンロードされます。

laravelの起動


下記コマンドで、作成したプロジェクトフォルダへ移動します。

$ cd techpit-match 

laravelにはartisanという便利なコマンドがあり、 php artisan ***と入力することで様々な動作を実施できます。

まずは簡易サーバーを立ち上げてみます。

コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力してください。

$ php artisan serve

と入力し、

$ php artisan serve
Laravel development server started: <http://127.0.0.1:8000>
[Tue Apr 23 20:24:32 2019] 127.0.0.1:51707 [200]: /favicon.ico

と表示されたら、グーグルクロムなどのブラウザでhttp://127.0.0.1:8000と入力します。

こんな画面が表示されればOKです。

コマンドプロンプトでCtrl+C を押すと簡易サーバーが停止します。

以上でこのパートは終了です。お疲れ様でした!

議論
0 質問
このコースの評価は?