前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  0-2 Ruby on Railsのインストール(Mac)

Webアプリケーションを開発するための環境を構築します。

今回、環境構築するのは、Ruby on Railsです。

本教材で構築するバージョンは以下のようになります。

- Ruby 2.5.1
- Rails 5.1.6

もし既にお手元のPCにRuby on Railsを実行する環境があれば、このパートは読み飛ばしても大丈夫です。

注意)今回のパートで環境構築する対応のPCはMacになります。

上記で構築が出来なかった場合、もしくはWindowsを使用されている方はCloud9を使ってください。

Cloud9の開発環境


homebrewをインストール


下記のURLからhomebrewをインストールしてください。

homebrewとは、Mac OSのパッケージ管理システムで、パッケージをインストールしたりアンインストールしたり出来るシステムです。

https://brew.sh/index_ja.html


rbenvをインストール


下記のコマンドを実行してください。

$ brew install rbenv
$ brew install ruby-build
$ rbenv --version
rbenv 1.1.1


rbenvにパスを通す


rbenvコマンドを利用するための準備として下記のコマンドを実行してください。

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init -)"; fi' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile


Rubyをインストール


下記のコマンドでRubyをインストールします。

$ rbenv install 2.5.1

次にグローバルで利用するバージョンを設定します。

$ rbenv global 2.5.1
$ ruby -v
ruby 2.5.1p57 (2018-03-29 revision 63029) [x86_64-darwin18]


bundlerインストール


$ gem install bundler
$ bundle -v
Bundler version 1.16.2


Railsのインストール


$ gem install rails -v 5.1.6
$ rails -v
Rails 5.1.6

これでRuby on Railsをインストールすることができました。

次のパートから実際にRuby on Railsでアプリケーションの開発を進めて行きたいと思います。

議論
2 質問