前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  1-2 SwiftとSwiftUIについて学ぼう

このパートではiPhone, iPadなどのApple製品にて動作するSwift言語と、UI構築フレームワークであるSwiftUIについて学びます。

Swift


Swiftとはネイティブアプリを開発するための言語です。ネイティブアプリとはデバイス(iPhoneやiPad)が演算処理して実行するタイプのアプリのことです。ネイティブアプリの対比としてWebアプリがあります。WebアプリはHTML+CSS+Javascriptなどの組み合わせで作成されており、デバイスではなくWebサーバーが演算処理を行なっています。SafariやGoogle ChromeなどのブラウザはWebアプリにあたります。Swiftはデバイスに対して直接命令できるため、デバイスが有する様々な機能を使用できます。本教材での画像処理や音声認識(マイク)などの機能はデバイスに直接命令することで実現しています。

Swift以外にもObjective-cという言語があります。Objective-cはSwiftと比較して学習コストが高く実行速度も遅いため、これからのネイティブアプリ開発にはSwiftが最適と言えます。

SwiftはC++、C#、 Java、Ruby、Scala、Python などのオブジェクト指向を取り入れた言語と文法が似ています。経験者には学習コストが比較的低いと言えます。

SwiftUI


SwiftUIはSwift言語で使用できるUI構築フレームワークです。従来のSwiftで画面を作成する場合、ストーリーボードと言うUI構築機能(GUI)を使用するかソースコードにて直接画面を作成する方法が主流でした。SwiftUIを使用することでより直感的に画面作成が行えます。

以下がSwiftUIでの作業画面になります。SwiftUIではソースコードと、iPhone画面を同時に表示するプレビュー機能(名称はCanvas)があります。ソースコードを変更するとリアルタイムでiPhone画面に反映されます。iPhone画面側で変更するとソースコードに変更内容が反映されます。

従来のソースコード開発の場合、画面確認するためにはビルド後に実機かシミュレーターで実行する必要がありました。SwiftUIではリアルタイムに画面確認できるため、画面開発に要する時間を短縮できます。また従来のソースコードの画面開発と比較してソースコード量を大幅に削減できることも利点の1つです。

以上で今回のパートは終了です。

お疲れ様でした。

議論

0 質問

このコースの評価は?