前のパートに戻る 完了して次のパートへ  

  0-3 node のインストール (mac)

Homebrew を使って Mac に node をインストールします。

Homebrew のインストール


まずは Mac のパッケージマネージャーである Homebrew をインストールします。すでにインストール済の方は 読み飛ばしてもらって OK です。

terminal を開き、以下のコマンドを実行して Homebrew をインストールします。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

以下で Homebrew のバージョン情報を確認します。

$ brew -v

こんな感じにバージョン情報が表示されればインストールに成功です。

Homebrew 2.1.1

nodebrew のインストール


nodebrew とは node.js のバージョンを管理するツールになります。 必須ではありませんが、バージョンを切り替えたりできると便利なのでこちらを使用しましょう。

先程インストールした Homebrew 経由で nodebrew をインストールしていきます。

$ brew install nodebrew

以下コマンドでバージョンを確認します。

$ nodebrew -v
nodebrew 1.0.0

Usage:
    nodebrew help                         Show this message
    nodebrew install <version>            Download and install <version> (from binary)
    nodebrew compile <version>            Download and install <version> (from source)
    nodebrew install-binary <version>     Alias of `install` (For backword compatibility)
    nodebrew uninstall <version>          Uninstall <version>
    nodebrew use <version>                Use <version>
    nodebrew list                         List installed versions
    nodebrew ls                           Alias for `list`
    nodebrew ls-remote                    List remote versions
    nodebrew ls-all                       List remote and installed versions
    nodebrew alias <key> <value>          Set alias
    nodebrew unalias <key>                Remove alias
    nodebrew clean <version> | all        Remove source file
    nodebrew selfupdate                   Update nodebrew
    nodebrew migrate-package <version>    Install global NPM packages contained in <version> to current version
    nodebrew exec <version> -- <command>  Execute <command> using specified <version>

Example:
    # install
    nodebrew install v8.9.4

    # use a specific version number
    nodebrew use v8.9.4

このようにバージョン情報が表示されていればインストール成功です。

pass を通す


次に node のコマンドを実行できるようにするためパスを通します。

.bash_profile に node の場所を記載しておく必要があります。

以下コマンドを実行しましょう。

$ echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile

以下コマンドで.bash_profile の変更を反映します。

$ source ~/.bash_profile

Node.js のインストール


準備は整ったので早速 node をインストールしていきます。

まずはインストールできる node のバージョンを確認してみましょう。

$ nodebrew ls-remote
v7.0.0    v7.1.0    v7.2.0    v7.2.1    v7.3.0    v7.4.0    v7.5.0    v7.6.0
v7.7.0    v7.7.1    v7.7.2    v7.7.3    v7.7.4    v7.8.0    v7.9.0    v7.10.0
v7.10.1

v8.0.0    v8.1.0    v8.1.1    v8.1.2    v8.1.3    v8.1.4    v8.2.0    v8.2.1
v8.3.0    v8.4.0    v8.5.0    v8.6.0    v8.7.0    v8.8.0    v8.8.1    v8.9.0
v8.9.1    v8.9.2    v8.9.3    v8.9.4    v8.10.0   v8.11.0   v8.11.1   v8.11.2
v8.11.3   v8.11.4   v8.12.0   v8.13.0   v8.14.0   v8.14.1   v8.15.0   v8.15.1
v8.16.0

v9.0.0    v9.1.0    v9.2.0    v9.2.1    v9.3.0    v9.4.0    v9.5.0    v9.6.0
v9.6.1    v9.7.0    v9.7.1    v9.8.0    v9.9.0    v9.10.0   v9.10.1   v9.11.0
v9.11.1   v9.11.2

v10.0.0   v10.1.0   v10.2.0   v10.2.1   v10.3.0   v10.4.0   v10.4.1   v10.5.0
v10.6.0   v10.7.0   v10.8.0   v10.9.0   v10.10.0  v10.11.0  v10.12.0  v10.13.0
v10.14.0  v10.14.1  v10.14.2  v10.15.0  v10.15.1  v10.15.2  v10.15.3  v10.16.0


v11.0.0   v11.1.0   v11.2.0   v11.3.0   v11.4.0   v11.5.0   v11.6.0   v11.7.0
v11.8.0   v11.9.0   v11.10.0  v11.10.1  v11.11.0  v11.12.0  v11.13.0  v11.14.0
v11.15.0

v12.0.0   v12.1.0   v12.2.0   v12.3.0   v12.3.1   v12.4.0   v12.5.0

このようにズラッとバージョンが表示されると思います。 ここからバージョンを選んでインストールを行います。

今回は v12.5.0 を使用するので

$ nodebrew install-binary v12.5.0

として install を行います

$ nodebrew ls

install に成功していれば、先程インストールした Node.js のバージョンが表示されていると思います。

install されているのが確認できたらどのバージョンを使用するかを宣言します。

$ nodebrew use v12.5.0

バージョンを確認し v12.5.0 と表示されれば Node のインストール完了です。

$ node -v

以上で今回のパートは終了です。

お疲れ様でした。

議論

0 質問

このコースの評価は?