【Django】trello風todoタスク管理アプリを作成しよう!

【初級レベル/12時間】Djangoを使ったToDoタスク管理アプリの開発!プロジェクトの作成方法に始まり、ユーザー認証、汎用クラスビュー、さらにはカスタムフォームの実装や本番環境デプロイまで、幅広く学ぶ。

Django入門としてフレームワークの概要を学ぶのにオススメなToDoアプリの開発

本教材はPythonのフレームワークであるDjangoを使ってTrello風ToDoタスク管理アプリを作成します。

ToDoアプリはシンプルな設計となっているので初心者でも作りやすく、フレームワークの基礎・基本を学ぶのに適しています。

そこで本教材では、0からTrelloの基本的な機能をステップごとに作成していきます。HTML・CSS・Pythonを使用して開発しますが、主にDjangoの大まかな流れを把握してもらうことを一番の目的としております。本教材を通してWebアプリケーションを最後まで作りきることで、まずはサービスを作る楽しさを感じていただければ幸いです。

本教材はタスク管理アプリのTrelloを参考にしております。Trelloはカードと呼ばれる付箋みたいなものを動かしながらタスクを視覚的に管理できるサービスです。

参考)Trello


環境構築からデプロイ(公開)までDjangoでのWEBアプリケーション開発の全体像を学ぶ

本教材では、ローカルでの環境構築にはじまり、以下の画像のようなDjangoでのWebアプリケーション開発の全体像を理解する上で必要な概念であるMTVについてや、Django標準の認証機能を使ったサインアップ・サインイン機能の実装、Djangoの汎用クラスビューを使った効率的な開発、カスタムフォームの実装について学び、最終的にはHerokuを使ってWebアプリケーションの公開を行います。

👇リクエストに対応するレスポンスを返すために、Djangoでは下図のような順番で処理を行います。


本教材を通して、サービス開発の流れを掴みましょう!




学習内容

  • Djangoを使った実践的な開発スキルを学びます。
  • Django標準の認証機能を使って、サインアップ・サインイン機能の実装方法を学びます。
  • Djangoの汎用クラスビューを使った効率的な実装方法を学びます。
  • すばやくHTMLフォームが作成できる、Djangoのフォームクラスの実装方法を学びます。
  • Herokuを使ってWebアプリケーションを公開する方法を学びます。


実際に作成するサービスのイメージ


https://techpit-kanban-django.herokuapp.com/kanban/


この教材の対象者

  • Pythonの基本的な文法(四則演算、条件分岐、繰り返し、関数、クラス)がある程度理解できている方。
  • HTML/CSSがある程度理解できていて、もう一歩踏み込んだ動的なサイトを構築できるようになりたい方。DjangoでWebアプリの開発に挑戦したい方。
  • 機械学習でPythonを使っていて、将来的に学習モデルをWebアプリケーションに組み込んだサービスを開発してみたい方。


受講における必要条件

  • HTML/CSSの基礎知識
  • Pythonの基礎知識


学ばないこと

本教材はDjangoを使った開発の流れが把握できることを目的としており、HTML・CSS・Pythonの詳細な解説はしておりませんのでご注意ください。


本教材で質問対応可能なOSや環境

  • Mac OS

Mac OS以外での開発環境における質問対応はできかねますのでご了承ください。


この教材の執筆者


ちゃんゆー
ちゃんゆー

地方高専出身者。学生時代は、友人とネットラジオの配信システムの構築や、インターンでマーケティング支援ツールの開発をリモートで従事するなどして過ごす。その後新卒で東京のITベンチャーにエンジニアとして入社。地方と東京の格差を感じており「地方のWebエンジニア志望の学生に貢献したい」という想いが強すぎて、新卒1年目から地方に拠点を構えたまま単身リモートで勤務している。辛いものとDjangoが好き。


本教材のカリキュラム


  1章:Djangoプロジェクトの作成
利用可能
日 購入してから
  8章:Herokuへのデプロイ
利用可能
日 購入してから

今すぐはじめる!