3gdimvwmq5wuk97gi91e

もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター

Gitの基本コマンド、ブランチやマージ、コンフリクトの解消方法、リベース、GitHubを利用した開発フローなど、チーム開発に必要なGitの全てが含まれています。仕組みを図解で理解した上でハンズオンで実践するので、もうGitは怖くありません。

学習内容

  • Gitの根幹をなしている概念を学びます
  • Gitでのチーム開発の方法と一通りのコマンドを修得します
  • 誤った変更を元に戻せるようになります
  • GitHubを用いたプルリクエスト、レビュー、マージの開発フローを学びます
  • ブランチの作成とコンフリクトの解消がスムーズにできるようになります


受講するための必要なスキル

  • インターネットに接続できるコンピュータ (Windows/Mac/Linux)
  • 基本的なパソコンの操作


この教材を学ぶことで身につくスキル

チーム開発で必要となるGitの基本コマンド、ブランチやマージ、コンフリクトの解消方法、GitHubを利用した開発フローが身に付き、開発現場のGitの操作で困ることがなくなります。


こんな方におすすめ

  • Gitやバージョン管理に興味があるエンジニアやデザイナー
  • Gitをされたことがないけどこれから使おうとされている方(インターン生も!)
  • commitやpush、pullはできるけどもっとGitを使いこなしたい方
  • Gitを用いてのチーム開発に携わるマネージャーやディレクター


この教材で学ばないこと

Gitにはたくさんのコマンドとオプションがあります。しかしこの中には、特に重要でないものもたくさんあり、これら全てを学ぶということはしません。

こちらのコースでは、チーム開発で必要とされる知識に重点を置いて、その部分を深く掘り下げて学ぶことによって、非常に効率的に、そして応用の効く形で実践的スキルを身に付けます。


本教材の対応環境

  • Mac OS
  • Windows OS


本教材の対応バージョン

  • Git2系


この教材を執筆した想い

「Gitって聞いたことあるけどよく分からない」 「マージするとコンフリクトが起きそうで怖い」 「エラーが出た時にどうしたらいいか分からない」 「コマンドが色々あって分かりにくい」 「リベースって使っちゃダメって言われたけどなんで?」 「データが壊れそう」

Gitは最初分かりづらく感じたり怖く感じたりしやすいものです。それはなぜかというと、そのコマンドの裏側で何が起こっているかがイメージできないからです。

こちらのコースでは、まずGitの仕組みを図解でしっかりと理解していきます。Gitってそもそも何のためにあるのか、コミットした時にどういう風にデータを保存しているのか、マージやリベースした時に何が起こっているのか、ブランチってどういう風に実現しているのか。そういうことを仕組みから理解することで、Gitの分かりづらいコマンドを自信を持って使えるようになります。その上で、実際にプロジェクトを作成しGitHubを用いながら、コマンドを実行して学んでいきます。

Gitをもう怖がらなくていいように、そして現場で使える実践的なスキルが身に付くように、図解と実践を通じて学べるコースを作りました。


この教材の執筆者


山浦清透
山浦清透

京都大学大学院を卒業後、株式会社リブセンスにてマーケターからキャリアをスタートしました。その後自分でサービスを創れるようになるためにWebエンジニアに転向。主力事業のアーキテクチャのリニューアルプロジェクトを行った後、エンジニアとして新規事業の立ち上げを行いました。試行錯誤しながらプログラミングを学んできた経験を活かし、プログラミング未経験者に実践的プログラミング教育も行っています。


本教材のカリキュラム


  7章:GitHubを利用した開発手順の流れ
利用可能
日 購入してから

今すぐはじめる!