【Ruby on Rails 5】Instagram風簡易SNSアプリを作ってみよう!

【初級レベル/15時間】Ruby on Railsを使ってSNSアプリ開発、そしてMVCやHerokuを使ったデプロイなどWeb開発に必須なスキルを学ぶ。

学習内容

  • Ruby on Railsを使った実践的な開発スキルを学びます。
  • Deviseを使ったサインアップ・サインイン機能の開発を行います。
  • 画像アップロード機能の開発を行います。
  • いいね機能・コメント機能の開発を行います。
  • Cloud9を使った開発環境の構築ができるようになります。
  • Herokuを使ってWebアプリケーションを公開する方法を学びます。


受講における必要条件

  • HTML/CSSの基礎知識
  • Rubyの基礎知識
  • 「ls」や「cd」など簡単なコマンドラインの知識

RubyやRuby on Railsを一度も触ったことがない方は、まずはProgate等で学習することをおすすめします。


教材内容

Rubyプログラミング言語の上で動作するWebアプリケーションフレームワークであるRuby on Railsを使ってInstagram風簡易SNSアプリを作成します。

本教材の完成イメージは以下になります。
https://techpitgram.herokuapp.com/

本教材では0からInstagramの基本的な機能をステップごとに作成していきます。HTML・CSS・Javascript・Rubyを使用して開発しますが、主にRuby on Railsの大まかな流れを把握してもらうことを一番の目的としております。本教材を通してWebアプリケーションを最後まで作りきることでサービス開発の流れを掴みましょう。


この教材の対象者

  • progateなどのRailsの教材を見ながら簡単なサンプルアプリケーションを作ったことがある方
  • Rubyは学んだことがあるけど、Railsはあまり触ったことがない方
  • Ruby on Railsの開発の大まかな流れを把握したい方


学ばないこと

本教材はRailsの大まかな流れを把握することを一番の目的としており、HTML・CSSの解説は詳しくしていません。細かく知りたい方はご自身で調べていただければと思います。


本教材で質問対応可能なOSや環境

  • Mac OS
  • Cloud9

Windowsの方はCloud9で進めてください。Cloud9でしたら質問対応可能です。Mac OSやCloud9以外での開発環境における質問対応はできかねますのでご了承ください。


本教材はテキストで構成されており、自分のペースで学習を進めることができます。

この教材の講師


Daijiro
Daijiro

学生時代にプログラミングスクールのメンターを経験後、HRTechの開発にリモートで従事。その後新卒でITベンチャーにエンジニアとして入社。プログラミングスクールは高額な料金がかかるので、気軽にプログラミングを学習するには、ハードルが高いなと課題感を持ち、「初学者のプログラミング学習をサポートしたい」という代表の山田の想いに共感し、Techpit の最初の教材を作成。Ruby on RailsやVue.jsあたりが得意。


本教材のカリキュラム


  1章:Ruby on Railsでアプリケーション作成
利用可能
日 購入してから
  4章:ユーザープロフィール機能
利用可能
日 購入してから
  6章:投稿機能の詳細・削除機能
利用可能
日 購入してから
  7章:いいね機能
利用可能
日 購入してから
  8章:コメント機能
利用可能
日 購入してから

今すぐはじめる!