【Ruby on Rails 5】Instagram風簡易SNSアプリを作ってみよう!

【初級レベル/15時間】Ruby on Railsを使ったSNSアプリ開発!環境構築からHerokuでのデプロイまでを体系的に学ぶ。Railsでの開発において重要なMVCや、CRUD機能の実装方法などWEBアプリケーション開発の基礎をわかりやすく解説。

ユーザー数10億人超えの人気SNSアプリの作り方をゼロから丁寧に解説

本教材では、全世界でユーザー数10億人を超えるInstagramを参考にした簡易画像投稿SNSアプリの作成を通して、RubyのフレームワークであるRuby on Railsを使ったWEBアプリケーション開発を体系的に学びます。


Image from Gyazo

参考)Instagram公式サイトはこちら


ECサイトやSNSサービスをはじめ広範囲にわたる開発で使用されるRuby on Rails

Ruby on Railsは、ブログやオウンドメディアなどのWEBサイトやショッピングサイト(ECサイト), SNSやマッチングサービス等のWEBアプリケーション開発, スクレイピングを利用したキュレーションメディアや業務効率化, 出欠管理といった業務システムの開発まで広範囲にわたる開発で使用されています。

また、Rubyの特性を活かし冗長なコードを書かなくてよく、データベースからビューまでのフルスタック機能を提供していることなどから効率的な開発ができ、コミュニティの活動も活発なので、他の技術よりも速いペースでフレームワークやライブラリのバージョンアップが行われます。それは、便利な機能の追加や脆弱性の解消がはやいということでもあります。

扱いやすく素早く開発できるといった特徴が評価され、現在ではAirbnb,Github,Shopifyをはじめ、国内でも急成長を遂げる多くのベンチャー企業の開発で使用されています。


環境構築からデプロイ(公開)までWEBアプリケーション開発の全体像を学ぶ

そこで本教材では、Ruby on RailsでのWEBアプリケーション開発について、ローカルでの環境構築からデプロイ(サービス公開)まで順を追って学んでいきます。0からInstagramの基本的な機能をステップごとに作成していく過程を通して、Webアプリケーション開発の流れを掴みましょう。




学習内容

  • Ruby on Railsを使った実践的な開発スキルを学びます。
  • Deviseを使ったサインアップ・サインイン機能の開発を行います。
  • carrierwaveMiniMagickを使った画像アップロード機能の開発を行います。
  • いいね機能・コメント機能の実装を通してアソシエーションについて学びます。
  • Cloud9を使った開発環境の構築ができるようになります。
  • Herokuを使ってWebアプリケーションを公開する方法を学びます。


実際に作成するサービスのイメージ



https://techpitgram.herokuapp.com/


本教材の対象者

  • 書籍などを見ながらRailsで簡単なサンプルアプリケーションを作ったことがある方
  • Rubyは学んだことがあるけど、Railsはあまり触ったことがない方
  • Ruby on Railsの開発の大まかな流れを把握したい方


受講における必要条件

  • HTML/CSSの基礎知識
  • Rubyの基礎知識
  • 「ls」や「cd」など簡単なコマンドラインの知識

RubyやRuby on Railsを一度も触ったことがない方は、まずは書籍等で基礎の学習からはじめることをオススメします。


学ばないこと

本教材はRailsの大まかな流れを把握することを一番の目的としており、HTML・CSSの解説は詳しくしていません。細かく知りたい方はご自身で調べていただければと思います。


本教材で質問対応可能なOSや環境

  • Mac OS
  • Cloud9

Windowsの方はCloud9で進めてください。Cloud9でしたら質問対応可能です。Mac OSやCloud9以外での開発環境における質問対応はできかねますのでご了承ください。


本教材の対応バージョン

  • Rails5系

Rails6には対応していませんので、学習を進めるならRails5のバージョンで進めることをおすすめします。


おまけ:トラブルシューティング

本教材では、Ruby on Railsでの開発時によく発生するエラーについての解決プロセスやデバッグの方法についても記載しております。

プログラミング学習にエラーはつきものであり、エラーを解決できずに挫折する学習者の方も多いので、本教材を通してエラーへの向き合い方も学んでいただければと思います。

※デバッグとは、コンピュータのプログラムの誤り(バグ)を見つけ、手直しすることです。


★現在開催中のイベント(4/11まで)★


この教材の執筆者


Daijiro
Daijiro

学生時代にプログラミングスクールのメンターを経験後、HRTechの開発にリモートで従事。その後新卒でITベンチャーにエンジニアとして入社。プログラミングスクールは高額な料金がかかるので、気軽にプログラミングを学習するには、ハードルが高いなと課題感を持ち、「初学者のプログラミング学習をサポートしたい」という想いで、Techpit の最初の教材を作成。Ruby on RailsやVue.jsあたりが得意。


本教材のカリキュラム


  1章:Ruby on Railsでアプリケーション作成
利用可能
日 購入してから
  4章:ユーザープロフィール機能
利用可能
日 購入してから
  6章:投稿機能の詳細・削除機能
利用可能
日 購入してから
  7章:いいね機能
利用可能
日 購入してから
  8章:コメント機能
利用可能
日 購入してから

今すぐはじめる!