雨が降る日の朝にメッセージを送ってくれるLINE botを作ってみよう!

【初級レベル/3時間】Ruby on RailsでLINE bot開発!

本教材について

Ruby on Railsを使って、雨が降る日の朝にメッセージを送ってくれるLINE botを作成します。 雨が降るかどうか確認するためだけに毎朝天気予報を見るのが面倒で、自分が欲しいなと思って作ったLINE botを教材化したものです。 LINEは誰もがインストールしているので、LINE botを友達追加するだけで気軽に使ってもらうことができます。 僕は、これまで多くのサービスを作り楽しみながらプログラミングを学んできました。 自分で作ったものが動いて、人に使ってもらえるととても嬉しいので、この教材でのサービス作りを通じてそれを体験して、プログラミング・サービス開発のことをより好きになっていただけると嬉しいです。


このような方におすすめ

  • ProgateなどでRuby on Railsの基礎を学んだ方
  • サービスを作ってみたいけれど、何を作ったらいいか分からない方
  • Ruby on RailsでLINE botを作ってみたい方

「ランダムで2つのキーワードを返してくれるシンプルなLINE botを作ってみよう!」教材を購入した後に購入するのがおすすめです!

本教材で得られるもの

  • Ruby on RailsでのLINE botの作り方
  • 決まった時間に定期的な処理を実行させる方法
  • 外部から天気情報を取ってくる方法

本教材で開発する主な機能

  • 毎朝決まった時間に雨が降るかどうか調べ、雨が降る日にはメッセージを送ってくれる機能

※決まった時間に通知を飛ばすにはheroku内でクレジットカードの登録が必要になります(無料)。それ以外のチャット機能は登録なしでも実装できます。

本教材で質問対応可能なOSや環境

  • macOS

macOS以外での開発環境における質問対応はできかねますのでご了承ください。


本教材はテキストで構成されており、自分のペースで学習を進めることができます。

この教材の執筆者


ゆうすけ
ゆうすけ

Webサービス作りが大好きなwebエンジニアです。 IT企業にて、Ruby on Railsを使って開発しています。

@ysk_pro


本教材のカリキュラム


  1章 新規Railsアプリケーションを作成しよう!
利用可能
日 購入してから
  2章 タスク、コントローラーの作成
利用可能
日 購入してから
  3章 LINE,Herokuの設定
利用可能
日 購入してから

今すぐはじめる!