Idkrm738skkugs911jcm

【Python】顔認識LINE Botを作ろう!

【中級レベル/10時間】Flaskを利用したWebアプリの作成、Jupyter notebookによるAPI操作、GitHubの利用方法など、Pythonにおける開発の基礎を学ぶ。

「基礎を終えた方にオススメ」顔認識LINE Botを作りながらPythonでの開発の大まかな流れを理解しよう!

本教材では、Pythonの基礎知識がある方を対象に、顔認識LINE Botの開発を通して、実際のサービス開発の流れや、外部APIとの連携についてざっくりと理解してもらうことを目的としております。 Pythonによるサーバーサイドの処理、JupyterによるインタラクティブなAPI操作、デプロイまでの一気通貫な作業など、さまざまなトピックを扱っているので、これからどんなサービスやシステムを作っていいか、開発とはどんな具合に進めればいいのか悩んでいる方のヒントとなれば幸いです。

実際に、私が初学者の時は、GitHubやAPIなど要素ごとの知識はあっても、それらを実際のプロダクトや開発の現場でどう使うのだろうかとずっと分からないでいました。プログラミングの勉強でも、いわゆる「実践する」場面があったらいいのになあと思っていたので、そんな思いを教材に詰め込みました。教材には「Exercise 」として発展的に取り込める内容も記載しています。教材で習う以上のスキルをぜひ習得されてください!




学習内容

本教材では、顔認識LINE Botの開発を通じてPythonにおける開発の基礎スキルを学びます。

  • GitHubの使い方、VS CodeでのGit活用方法を学び、AzureでWebアプリケーションを公開する方法を習得
  • Flaskを利用した簡易Webアプリ作成の手順を学ぶ
  • Azure Face APIの使用方法をJupyter Notebook上で練習
  • LINE Botの開発方法を学び、顔認証機能を追加


作成するアプリケーションのイメージをつかもう

本教材では以下のようなアーキテクチャにて、顔認識LINE BOTを実装します。



この教材の対象者

  • Pythonの基礎知識は身につけたものの、どんなサービスを作っていいか迷っている方
  • APIをうまく活用したサービスの作成方法を知りたい方
  • Pythonでの開発の大まかな流れを把握したい方



受講における必要条件

  • Pythonのコーディング基礎知識(Pythonにおけるクラス(selfやinit)を理解している)
  • VSCode や LINE Developer のアカウント登録等についてある程度自走できる
  • 途中で英語サイト(Face APIの公式ドキュメント)を参照するため、英語に抵抗感が少ない
    • 英語がわからなくても教材自体は進めることができます
  • クラウドに関する基本的な知識を持っている(推奨)


学ばないこと

本教材はPythonによる開発・デプロイまでのウォークスルーを実践することを主目的としています。Pythonの基本的な文法、Flaskの詳細、より発展的なLINE Bot開発方法については本教材では扱いません。細かく知りたい方はご自身で調べていただければと思います。



本教材の対応バージョン

以下の環境・バージョンにて動作を確認しています。

  • Windows/(Mac)
  • Python 3.7
  • line-bot-sdk 1.14
  • Azure-cognitiveservices-vision-face 0.4



本教材で質問対応可能なOSや環境

  • Windows OS
  • Mac OS

教材はWindowsでの開発を想定しています。Macでの開発も可能ですが、Mac特有の事象に関する質問はお受け付けできませんので予めご了承ください。


この教材の執筆者


oystaar
oystaar

大学院時代からPythonやRでデータ分析を専業にしていました。博士課程を修了後は国内のデータサイエンティストとして勤務しています。これまでにデータ可視化、最適化エンジン、深層学習などのモデル開発のほか、WebアプリにおけるAPI開発なども担当しています。 趣味は料理とサウナ。

Twitter: https://twitter.com/oystaar
Note: https://note.com/oystaar
Charta(エリア検索地図プラットフォーム)創業メンバー https://www.charta.jp/ https://map.charta.jp/map


本教材のカリキュラム



今すぐはじめる!