Trello風ToDoタスク管理アプリを作成しよう!【Rails】

【初級レベル/10時間】Ruby on Railsを使ってタスク管理アプリの開発!環境構築からHerokuでのデプロイまでを体系的に学ぶ。Railsでの開発において重要なMVCや、Deviseを使ったサインアップ・サインイン機能の実装方法などWEBアプリケーション開発の全体像をわかりやすく解説。

Rails入門としてフレームワークの概要を学ぶのにオススメなToDoアプリの開発

本教材はRubyのフレームワークであるRuby on Railsを使ってTrello風ToDoタスク管理アプリを作成します。

ToDoアプリはシンプルな設計となっているので初心者でも作りやすく、フレームワークの基礎・基本を学ぶのに適しています。

そこで本教材では、0からTrelloの基本的な機能をステップごとに作成していきます。HTML・CSS・Javascript・Rubyを使用して開発しますが、主にRuby on Railsの大まかな流れを把握してもらうことを一番の目的としております。本教材を通してWebアプリケーションを最後まで作りきることで、まずはサービスを作る楽しさを感じていただければ幸いです。

本教材はタスク管理アプリのTrelloを参考にしております。Trelloはカードと呼ばれる付箋みたいなものを動かしながらタスクを視覚的に管理できるサービスです。


Trelloを使ったことがない方は、まずはTrelloとはどんなサービスかを見てみて下さい。

参考)Trello


学習内容

  • Ruby on Railsを使った実践的な開発スキルを学びます。
  • Deviseを使ったサインアップ・サインイン機能の開発を行います。
  • リストやカードを作成する機能の開発を行います。
  • カードを移動する実装を行います。
  • Cloud9を使った開発環境の構築ができるようになります。
  • Herokuを使ってWebアプリケーションを公開する方法を学びます。


実際に作成するサービスのイメージ


https://techpit-kanban.herokuapp.com/


この教材の対象者

  • 書籍などを見ながらRailsで簡単なサンプルアプリケーションを作ったことがある方
  • Rubyは学んだことがあるけど、Railsはあまり触ったことがない方
  • Webアプリケーションサービスを1から作ってみたい方


受講における必要条件
  • HTML/CSSの基礎知識
  • Rubyの基礎知識
  • コマンドラインの基本的な操作方法がわかる

RubyやRuby on Railsを一度も触ったことがない方は、まずは書籍等で基礎の学習からはじめることをオススメします。


学ばないこと

本教材はRailsの大まかな流れを把握することを一番の目的としており、HTML・CSSの解説は詳しくしていません。細かく知りたい方はご自身で調べていただければと思います。


本教材の対応バージョン

  • Rails5系

Rails6には対応していませんので、学習を進めるならRails5のバージョンで進めることをおすすめします。


本教材で質問対応可能なOSや環境

  • macOS
  • cloud9

windowsの方はcloud9で進めてください。cloud9でしたら質問対応可能です。macOSやclode9以外での開発環境における質問対応はできかねますのでご了承ください。


おまけ:トラブルシューティング

本教材では、Ruby on Railsでの開発時によく発生するエラーについての解決プロセスやデバッグの方法についても記載しております。

プログラミング学習にエラーはつきものであり、エラーを解決できずに挫折する学習者の方も多いので、本教材を通してエラーへの向き合い方も学んでいただければと思います。

※デバッグとは、コンピュータのプログラムの誤り(バグ)を見つけ、手直しすることです。


この教材の執筆者


sin()
sin()

プログラミングは趣味。自然言語処理とかもやっていきたい。ゲームは主にマイクラが好きです。「黒い画面分からない、怖い」に対する一番好きな返しは「背景設定を白にしましょう」です。


本教材のカリキュラム


  1章:新規Railsアプリケーションの作成
利用可能
日 購入してから

今すぐはじめる!